2011年10月29日

セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE) - プール編

セントレジス・シンガポールには、3階に宿泊者専用のプール&フィットネスセンターがあります。

セントレジスシンガポールのプール

正面がプール、左がプールサイドのレストラン、右がフィットネスセンターとなっています。

セントレジスシンガポールのプール

小さな子供も安心して遊べるプールです。

セントレジスシンガポールのプール

こちらがプールサイドのレストラン。

セントレジスシンガポールのプール

セントレジスシンガポールのプール

セントレジスシンガポールのプール

セントレジスシンガポールのプール

プールにはジャグジーもあり、大人や子供も静かに楽しめるプールです。マリーナベイサンズのような人の多いプールだと騒々しいので、菊さんにはこっちのプールの方がいいな。

セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)
住所:29 Tanglin Road Singapore 247911【MAP
電話:(65)6506-6888
FAX:(65)6506-6788



セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE) - 室内風景編

ここから「811」号室の室内です。角部屋なので、一番奥です。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

扉の厚みが10センチ近くあり、とっても重い扉ですが、その先には豪華な部屋が待っていました。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

入り口正面にはバーが置かれ、

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

ミニバーの内容はこんな感じ。このホテルは24時間ルームバトラーが待機してくれているので、通常あるインスタントの紅茶やコーヒーは無く、都度オーダーで対応してくれます。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

冷蔵庫は高そうなお酒ばかり。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

ここから先はリビング&寝室です。白い色とウッド調の相性が良く、どう見ても高級そう。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

今回はダブルベッド2台の部屋です。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

ベッド中央にはコードレス電話と、コンピュータによる(カーテンなどの)集中制御パネルがあります。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

夜になるとホテルのチョコが枕元に置かれます。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

ソファーとAV機器、ビジネスデスクです。TVは42インチのシャープ製のアクオスでした。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

音響は全てBOSEです。TVの下にはDVDプレーヤーもあり、心地いいCDもセットされています。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

ソファーもいい感じ。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

100%のオレンジジュースがあったり、

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

ウェルカムフルーツがバトラーによって運ばれます。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

そして、こちらがトイレ&シャワー&バスルームです。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

便利なダブルシンクです。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

大理石のバスにはTVもついています。また、ゆっくり過ごせるように読書用の籠までついています。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

お湯に浸かりながら外を眺めることもできます。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

独立したシャワーブースです。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

アメニティは、必要なものをバトラーに言ってもってきてもらうことができるので、基本はシンプルです。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

クローゼット部分です。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

ビジネスデスクの電話機はタッチパネル式の高機能なもの。液晶部分にあるバトラーボタンを押せばバトラーとつながります。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

文房具も揃っています。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

室内金庫は(通常4桁なのに)6桁の暗証番号を登録するので、防犯能力が極めて高いタイプでした。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

コンセントは日本の電子機器をそのまま使用できる形状でした。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

高速インターネットも快適に利用可。(2日で28ドル=約2000円)

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

窓からの景色です。真下にはプールがあり、その周りには植物も見ることができるので、意外にも落ち着く景色でした。

このホテル、ウェスティンよりも上位ブランドということで、やはり全ての面で高レベルです。ここ、気に入りました!菊さんの定宿にしたいホテルとなりました。

セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)
住所:29 Tanglin Road Singapore 247911【MAP
電話:(65)6506-6888
FAX:(65)6506-6788



セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE) - ロケーション編

今回宿泊するホテルはオーチャード通りにも近い位置にある「セント レジス シンガポール」です。ウェスティンやシェラトンと同じグループが運営するホテルですが、最高峰のブランドなので、期待大!

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

チャンギ空港からタクシーで約30分、タクシー代は約40ドル(=約2800円)ほどでした。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

2008年開業の新しいホテルということと、豪華な造りなのでどこを見ても圧倒されます。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

白い大理石が多く使われているので、”白亜のホテル”といった感じです。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

こちらはフロント。ゆったり椅子に座ってチェックイン・チェックアウトします。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

コンシェルジュデスクです。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

2階のソファ席もこんなに豪華。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

このホテルの調度品は、最高級の美術品がプライベートコレクションされていて、ホテル内を歩くだけでも美術館に来たような気持ちになります。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

全ての作品にプレートが付けられていて、作者や作品の情報が分かりやすく展示されています。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

これは「ゴーギャン」作。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

これは「ジョアン・ミロ」作。

〜トイレも豪華〜
1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

男性用トイレにも椅子があり、豪華すぎて驚かされます。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

〜エレベーター〜
1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

木目と石の豪華なエレベーターです。中には椅子もあり、年配の人もゆっくり乗ることができます。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

カードキーを入れボタンを押す方式なので、セキュリティも万全。
20階まであるみたいですね。

〜ここから客室〜
1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

宿泊する部屋(8階)のエレベーターホールです。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

これは廊下。ここも白を基調とし、花柄をつかったデザインなので綺麗で清潔感があります。

1泊3日、シンガポールの旅  - セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)ホテル

宿泊する部屋は「811」号室。広い角部屋を用意してくれたようです。811号室と812号室を繋げて使えるよう、この2部屋の手前には、もうひとつの扉が用意されていました。ここから先は811号室と812号室の客専用となっています。

セント レジス シンガポール(THE ST. REGIS SINGAPORE)
住所:29 Tanglin Road Singapore 247911【MAP
電話:(65)6506-6888
FAX:(65)6506-6788



2011年10月28日

9回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

8月から3ヶ月連続でシンガポールに行っていますが、今回は今年最後のシンガポール旅行です。

1泊3日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

金曜日の深夜に羽田を発ち、日曜の夕方には成田に戻るという、
超弾丸旅行です。搭乗するのはJAL035便、23:50羽田発です。

1泊3日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

この日はエコノミー座席での予約でしたが、ビジネスクラス席にアップグレードしてくれました。JALのダイヤモンド会員だからかな。

1泊3日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

深夜便を使った弾丸旅行では、どれだけ機内で睡眠が取れるかが鍵となるので、ビジネスクラスは静かで助かります。次回から、予算の許す限り行きの便だけはビジネスクラスで予約したいな・・・

1泊3日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

出発後すぐ、夜食が運ばれてきます。先月と同じですね。
・海老握り寿司
・烏賊握り寿司
・炙りサーモン棒寿司
・飛び子と胡瓜の錦糸小巻
・柴漬け細巻き
飲み物は(ビジネスではいつも頂く)梅酒です。

1泊3日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

到着まで2時間を切る頃には、朝食が出されます。まずは目覚めにブラッドオレンジジュース。

1泊3日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

(これは洋食)
【前菜】
・新鮮野菜のサラダアペタイザー 、サーモンと海老のソテー添え
・マッシュルームのフランに豆乳のスープとトリュフ
・烏賊と紅芯大根のマリネ 山芋入りドレッシングと共に
・和風グリルチキン 胡麻風味野菜のマリネを添えて
・フェタチーズサン ドライトマトとカラマタオリーブ添え
【メイン】
千葉県産地養卵とベーコン、ほうれん草クリーム煮のフリッタータ
ナゲットポテト、チキンソーセージ、ラタトゥイユと共に
【その他】
・メゾンカイザーのパン
・北海道産手作りバター
【デザート】
・フルーツの盛り合わせ
・カスピ海ヨーグルトに埼玉県のこだわり百花蜂蜜を添えて

1泊3日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

(これは和食)
・あおさ海苔 生姜醤油和え
・薩摩揚げ
・薩摩芋出し巻玉子
・野菜の旨煮
・黒豚薩摩煮
・銀鱈かるかん焼き
・桜島大根味噌漬 ゴーヤ醤油漬
【メイン】
・かさご照焼き
【その他】
・ご飯(機内で炊き立ての新潟県魚沼産コシヒカリ)
・味噌汁
・緑茶
【デザート】
・季節の果物

1泊3日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

シンガポール・チャンギ空港には、ほぼ定刻通りの午前6時に到着しました。今回の宿泊先はセントレジス・シンガポールホテル。タクシーで移動します。残念ながらシンガポールは小雨の天気でした。

1泊3日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

ホテルに向かう途中、最近のシンガポールの”ランドマーク”、マリーナベイサンズとシンガポールフライヤーが見えてきました。


2011年10月08日

小倉優子の結婚式 @ロイヤル ハワイアン ホテル

今回の宿泊は、ハワイの象徴であるホテル「ロイヤル ハワイアン ホテル(通称:ピンク・パレス)」です。

小倉優子のハワイ挙式 @ロイヤル ハワイアン ホテル

2年ほど前に全館大改修を行い、ますますロマンチックなホテルに生まれ変わったホテルです。

ホテルに到着し、チェックイン後にロビーで居ると、どこかで見た顔が。そう、ハワイ時間10月10日に挙式を行う小倉優子ご一行が歩いてきました。どうやらこの人達もロイヤルハワイアンに泊まるようです。

小倉優子の結婚式 @ロイヤル ハワイアン ホテル

横顔で小倉優子って分かりますよね。


恐らく、8回目のハワイ--日本航空「JL080」便

3連休を利用し、菊さんにとって14年ぶりとなる、ハワイ旅行を楽しんできました。ハワイには幼少の頃に頻繁に行っていたものの、詳しく覚えていないのですが、恐らく8回目くらいのハワイとなります。

2泊4日、ハワイホノルル弾丸ツアー--羽田発の日本航空「JL080」便

搭乗するのは、羽田空港国際線ターミナルを22時50分に出発するホノルル行きのJAL080便です。機種はB777−200型。

2泊4日、ハワイホノルル弾丸ツアー--羽田発の日本航空「JL080」便

深夜便なので、機内でくつろぐ為のスリッパやウェットティッシュが入ったポーチが配られます。これ、3色くらいあるみたいです。

2泊4日、ハワイホノルル弾丸ツアー--羽田発の日本航空「JL080」便

食事に関しても、(離陸後2時間後くらいに)深夜便ということで軽食セットが配られます。蒸しパンが入っていました。

2泊4日、ハワイホノルル弾丸ツアー--羽田発の日本航空「JL080」便

ホノルル到着1時間半ほど前に朝食が配られます。
エコノミー席なのに、ホノルル便の機内食は立派。
<内訳>
・スパムとチキンのサイミンヌードル 海老の香りのまろやかスープ
・新鮮野菜の華色サラダ(クリーミーシーザードレッシング)
・ロミロミサーモンポテト
・ロールパン(メゾンカイザー)
・BABBIのイタリアンジェラート(ヨーグルトアイスクリーム)

2泊4日、ハワイホノルル弾丸ツアー--羽田発の日本航空「JL080」便

晴天のホノルル国際空港には、ほぼ定刻通りの午前11時に到着しました。久しぶりのハワイなので、とても楽しみです!


2011年10月02日

パスポートを増刷してみた。

今のパスポートは更新してまだ3年半。10年パスポートなので、有効期限はまだ先なのに、旅先の国で印鑑を押されるページが無くなってしまいました。これはマズい。。。

パスポートを増刷してみた。

国内では「自動化ゲート登録」をして、日本側では入出国時に印鑑を押されないよう、なるべく空白ページを温存していましたが、この方法も延命に過ぎず。

パスポートを増刷してみた!

そして、ついにパスポートセンターで増刷してもらうことにしました。
1冊に対して1回しか増刷はできないので、今回40ページだけ追加することができました。費用は2500円、約2時間で完成です。(写真S-1〜S-40 のページが増加分) この増刷分も埋まってしまったら、有効期限内であってもパスポートの更新が必要となります。

ということは、海外に頻繁に行く人は更新時に5年間パスポートを作り、それを増刷することを繰り返した方がお得ですね!裏技か!?

〜ここで訂正とお詫びです〜
菊さんに旅の楽しみ方を色々と教えて下さっている”師匠”より、「増刷」という言葉は不適切だとご指摘を頂きましたので、訂正させて頂きます。

正しくは、
●バスポートの増刷 → 増補
でした。新しいパスポートを印刷し直して作った訳ではないので、今回は「増補」と言うそうです。

失礼しました。


kaigai_kikusan at 16:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年09月19日

8回目のシンガポール--日本航空「JL036」便

シンガポールでの滞在は、わずか1泊。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL036便

チャンギ空港21時55分発の羽田行き、日本航空036便で帰国します。搭乗口は134番ゲートでした。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL036便

帰国もビジネスクラスを利用します。座席番号は行きと同じ「2H」。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL036便

飛行機が動き出した直後、計器の一部に異常が見つかったということでしたが、何とか無事に出発することができました。これにより、離陸が20分ほど遅れました。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL036便

離陸後、すぐに軽食が出されました。

・ツナマヨネーズのクロワッサンサンドウィッチ
・エッグマヨネーズのサンドウィッチ

で、ドリンクはやっぱり梅酒。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL036便

カップラーメン、カップうどん、カップそばの3種類は、オーダーすればいつでも用意してくれます。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL036便

快適な飛行を続けること約5時間、外が少しずつ明るくなってきたところで朝食の時間です。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL036便

(これは洋食)
・ピンクグレープフルーツジュース
・フレッシュ フルーツ
・ヨーグルト
・フレッシュサラダ
・オムレツ チキンソーセージ添え
・クロワッサン、ロールパン

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL036便

(これは和食)
・鮭柚庵焼き
・玉子焼き、焼き板蒲鉾
・焼き明太子、金時生姜
・茶蕎麦
・漬物混ぜ御飯と栗御飯
・香の物
・味噌汁
・果物

朝食を楽しんだ後、すぐに羽田空港に到着です。出発が少し遅れたので、到着も15分ほど遅れて6時10分に到着しました。

シンガポール、また来月行きます!

--------今回獲得JAL Frequent flyer program--------
基本区間マイルの70% 2318mile×往復
プレミアム会員ボーナス 994mile×往復
JGCプレミア会員ボーナス 3312mile×往復
獲得合計マイル 13248mile


2011年09月17日

Jumbo Seafood(ジャンボシーフード) @シンガポール・クラークキー・リバーサイド店

Jumbo Seafood(ジャンボシーフード) @シンガポール・クラークキー・リバーサイド店

クラークキーで大好きなチリクラブを食してみました。選んだお店は「海鮮レストランJUMBO」。

Jumbo Seafood(ジャンボシーフード) @シンガポール・クラークキー・リバーサイド店

Jumbo Seafood(ジャンボシーフード) @シンガポール・クラークキー・リバーサイド店

オープンと同時に行きましたが、大人気のお店のようで、あっという間に満席。

Jumbo Seafood(ジャンボシーフード) @シンガポール・クラークキー・リバーサイド店

テラス席で気持ち良く食事を楽しむことができます。

Jumbo Seafood(ジャンボシーフード) @シンガポール・クラークキー・リバーサイド店

シンガポール名物のチリクラブです。(時価=たしか4000円くらい)でした。

Jumbo Seafood(ジャンボシーフード) @シンガポール・クラークキー・リバーサイド店

シーフード炒飯のMサイズ(18ドル=約1200円)です。

Jumbo Seafood(ジャンボシーフード) @シンガポール・クラークキー・リバーサイド店

クラークキーの夕暮れです。この辺りは夜になると綺麗にライトアップされ、幻想的な観光地となります。

Jumbo Seafood(ジャンボシーフード) @シンガポール・クラークキー・リバーサイド店

遠くの方では絶叫アトラクションが空高く舞い上がっていました。

<評価>※独断と偏見の評価です※
ロケーション:最高
値段:普通
サービス:ダメ(人気店なので客をなめてる)
味:イマイチ

Jumbo Seafood(ジャンボシーフード) リバーサイド店
住所:30 Merchant Road #01-01/02 Riverside Point Singapore 058282【MAP
電話:6532-3435
営業時間:ランチ 12:00NN〜3:00PM(L.O. 2:15PM)
ディナー 6:00PM〜12:00MN(L.O. 11:15PM)



リトルインディア @シンガポール

シンガポールの観光地といえば、リトルインディアとアラブストリートですが、今回はリトルインディアです。

リトルインディア @シンガポール

リトルインディア @シンガポール

リトルインディアの象徴、「スリ・ヴィラマカリアンマン寺院」です。

リトルインディア @シンガポール

街の雰囲気はインドそのもの。すれ違う人もインドの人です。

リトルインディア @シンガポール

リトルインディア @シンガポール

リトルインディア @シンガポール

食料品店の店頭では(今の季節が旬なのかな?)ザクロが並んでいました。

リトルインディア【MAP


湯点(TONG DIM) @マリーナベイサンズカジノ内

マリーナベイサンズ内で、気軽に軽食を楽しめる旨いレストランを発見しました。お店の名前はヌードルバー・湯点(TONG DIM)です。

湯点(TONG DIM) @マリーナベイサンズカジノ内

なんと、お店の場所はマリーナベイサンズのカジノの中です。
やっぱり、腹が減っては戦はできません!

湯点(TONG DIM) @マリーナベイサンズカジノ内

エビとスペアリブのラーメン(9ドル=約600円)です。

湯点(TONG DIM) @マリーナベイサンズカジノ内

海南鶏飯(9ドル=約600円)です。
このホテルの周辺では一番旨い海南鶏飯でした!

湯点(TONG DIM) @マリーナベイサンズカジノ内

蟹肉炒飯(11ドル=約750円)です。

湯点(TONG DIM) @マリーナベイサンズカジノ内

レイシがのった杏仁豆腐(4.5ドル=約300円)です。

このお店、何を食しても絶品!カジノの中のレストランと言って、バカにできません。

マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)ホテル
住所:10 Bayfront Avenue, Singapore 018956【MAP
電話:(65)6688 8868
FAX:(65)6688 8869



マリーナベイサンズのカジノ

恒例のカジノ。

マリーナベイサンズのカジノ

マリーナベイサンズのカジノ

いつもの、マリーナベイサンズの地下のカジノです。

マリーナベイサンズのカジノ

今回も欲に負けて惨敗・・・

マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)ホテル
住所:10 Bayfront Avenue, Singapore 018956【MAP
電話:(65)6688 8868
FAX:(65)6688 8869



F1 シンガポールグランプリ"2011"

2011年のF1 シンガポールグランプリは16日〜25日まで。

F1 シンガポールグランプリ

シンガポールの街はF1色に染まっていました。

F1 シンガポールグランプリ

走行タイムを表示する電光掲示板。

F1 シンガポールグランプリ

F1カーを意識したモニュメント。今度、F1を観にきたいな〜。


鼎泰豊(ディンタイフォン) @シンガポール・パラゴン号店

前の週末にも上海の鼎泰豊に行ったばかりでしたが、シンガポールでも鼎泰豊を味わってみようと、オーチャード通りのParagon号店に行ってみました。

鼎泰豊(ディンタイフォン) @シンガポールParagon号店

ここシンガポールでも鼎泰豊は人気店のようで、すぐに大行列ができてしまいました。右上の番号が空席待ちの呼び出し番号です。

鼎泰豊(ディンタイフォン) @シンガポールParagon号店

鼎泰豊(ディンタイフォン) @シンガポールParagon号店

鼎泰豊(ディンタイフォン) @シンガポールParagon号店

上海でも好きで注文する「担担麺(6.8ドル=約450円)」。

鼎泰豊(ディンタイフォン) @シンガポールParagon号店

海南鶏飯に似てると思って注文したけど、思ったのと違う。。。鶏の塩茹みたいな料理で、これは”つまみ”ですね。

鼎泰豊(ディンタイフォン) @シンガポールParagon号店

ベーシックな豚肉小籠包(6個)。

鼎泰豊(ディンタイフォン) @シンガポールParagon号店

そして、黒トリュフ小籠包(5個、14.8ドル=約1000円)。

鼎泰豊(ディンタイフォン) @シンガポールParagon号店

香りだけじゃなく、黒トリュフが贅沢なくらい入っています。

鼎泰豊(ディンタイフォン) @シンガポールParagon号店

こちらは蝦肉餃子(6個、7ドル=約450円)。

鼎泰豊(ディンタイフォン) @シンガポールParagon号店

ナツメの実を割って、中に餅を詰めて飴で煮たもの。

やっぱり鼎泰豊はどこの国でも口に合いますね!これだけ食しても約3600円ほどでした。

鼎泰豊(ディンタイフォン) シンガポール Paragon号店
住所:シンガポール238859百利宮290ウィズ
マアトリアb1-03/06【MAP
電話:65-6836-8336



グッドウッド・パーク・ホテル(GOODWOOD PARK HOTEL)

グッドウッド・パーク・ホテルに泊まった訳ではありませんが、観光として立ち寄ってみました。

グッドウッド・パーク・ホテル(GOODWOOD PARK HOTEL)

ここは、もともとイギリスの植民地であった1900年、シンガポール在住のドイツ人の社交クラブ「チュートニア・クラブ」として開業したそうです。

グッドウッド・パーク・ホテル(GOODWOOD PARK HOTEL)

ホテルとしては、1929年4月に今の名前と同じ「グッドウッド・パーク・ホテル」という名でオープンしたそうです。

グッドウッド・パーク・ホテル(GOODWOOD PARK HOTEL)

こちらは改装された正面玄関と異なる入り口。斬新なデザインで古さを感じさせないホテルです。

グッドウッド・パーク・ホテル(GOODWOOD PARK HOTEL)

これは1階のレストラン。朝食はここで食せるようですね。

グッドウッド・パーク・ホテル(GOODWOOD PARK HOTEL)

プールサイドの雰囲気も最高です。ここで食事するのも良いですね!

グッドウッド・パーク・ホテル(GOODWOOD PARK HOTEL)
住所:22 Scotts Road Singapore 228221【MAP
TEL:65-6737-7411
FAX:65-6732-8558



シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - 朝食編

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - 朝食編

シェラトン・タワーズ・シンガポールでの朝食は、1階の「The Dining Room」で食します。

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - 朝食編

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - 朝食編

このレストランは、大きな窓から外の庭園が見え、また、外からは自然の光がふんだんに降り注ぎます。緑の中で食事しているような感覚を得られるレストランでした。

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - 朝食編

これはホテルオリジナルフレッシュジュース。(左はマンゴーやパパイヤベースのもの。右はバナナベースのもの。)

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - 朝食編

雰囲気だけでなく、もちろん味もサービスも一流。また泊まった際には朝食を摂りたいレストランでした。

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル
住所:39 Scotts Rd Singapore 228230【MAP
電話:(65)6737-6888
FAX:(65)6737-1072



シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - プール編

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - プール編

シェラトン・タワーズ・シンガポールホテルの5階が宿泊者限定のプール、プールバー、ジムとなっています。

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - プール編

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - プール編

混んでいないので、長い時間ぼーっとしていても飽きがきません。
プールは半分が深さ2m以上、もう半分が浅い1mほどでした。

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - プール編

奥に見えるのがプールバーです。ここでオーダーすればカクテルなどを楽しめます。

子供の居ないプールなので、マリーナベイサンズより楽しめますね!

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル
住所:39 Scotts Rd Singapore 228230【MAP
電話:(65)6737-6888
FAX:(65)6737-1072



シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - 室内風景編

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

宿泊する部屋は18Fです。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

窓が大通りに面した「1806号室」でした。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

木目を意識した色調が温かみを感じさせてくれる部屋です。部屋のタイプはツインベッドルームでした。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

洗面台です。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

アメニティの一部です。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

バス&シャワーです。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

ウェルカムフルーツが手紙と共に置かれていました。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

ビジネスデスクです。コンセントの形状は日本のコンセントをそのまま挿せるタイプでした。また、高速インターネットも簡単に利用できます。なお、DoCoMoの回線が使われていました。

コンセントの形状はこちら←←
インターネットのモデムはこちら←←

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

TVは薄型の液晶テレビでした。日本製じゃないのが残念ですが・・・

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

窓から見た景色です。この窓のずーっと先はマリーナベイ地区です。

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル
住所:39 Scotts Rd Singapore 228230【MAP
電話:(65)6737-6888
FAX:(65)6737-1072



シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE) - ロケーション編

今回宿泊するホテルは「シェラトン・タワーズ・シンガポール」です。最近、マリーナベイサンズばかりだったので、たまには気分転換として違うホテルも巡ってみます。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

チャンギ空港からタクシーで約30分、タクシー代は35ドル(=約2200円)ほどで移動できました。このホテルの位置は有名なオーチャードロードまで近く、また、地下鉄ニュートンサーカス駅まで徒歩3分と便利な場所にあります。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

玄関を入るとすぐ右がフロントです。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

1985年開業のホテルですが、古さを感じず豪華な感じがします。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

ロビー中央部分は大きな吹き抜けとなっています。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

結婚式を控え、写真撮影をしているカップルもいました。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

2Fは宴会場になっていました。

1泊4日、シンガポールの旅  - シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル

エレベータホールです。今回宿泊する部屋は18Fです。

シェラトン・タワーズ・シンガポール(SHERATON TOWERS SINGAPORE)ホテル
住所:39 Scotts Rd Singapore 228230【MAP
電話:(65)6737-6888
FAX:(65)6737-1072



8回目のシンガポール--日本航空「JL035」便

夏休み以来、1ヶ月ぶりのシンガポールです。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

金曜日の深夜に羽田を飛ぶ便はいつも満席。特に座席数の少ないビジネスクラスを予約するのは難しいのですが、今回はビジネスクラスの座席を予約することができました。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

この日からシルバーウィークに突入ということで、羽田空港国際線ターミナルも人が多いように思います。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

搭乗するのは最近頻繁に利用するJL035便です。国際線では珍しく、バス移動での搭乗でした。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

今回の座席は前から2列目の通路側席「2H」です。767-300型機は2-2-2の横6列の配置です。ちなみに「2H」は右の列です。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

搭乗してすぐ、機内で快適に過ごす為のアメニティセットポーチが配られます。中には歯ブラシ、マスク、アイマスク、耳栓、アイリフレッシャーが入っていました。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

シンガポール線は新型の機材なので、モニターも大きくて見やすいです。タッチパネル式なので、操作も簡単です。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

出発後すぐ、夜食が運ばれてきました。
・海老握り寿司
・烏賊握り寿司
・炙りサーモン棒寿司
・飛び子と胡瓜の錦糸小巻
・柴漬け細巻き
そして、飲み物は梅酒を頂きました。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

今回は広い座席なので、ぐっすり休むことができ、到着2時間前になると「爽朝食」というネーミングの朝食が提供されました。
(これは洋食)
・シチリア産ブラッドオレンジジュース
・新鮮野菜のサラダアペタイザー、鴨胸肉のロースト添え
・マッシュルームのロワイヤル、ポテトとポロ葱のクリームスープ添
・和風ローストビーフ、大根おろしドレッシング添え
・彩り野菜のピクルス
・ニュージーランド産キングサーモンのマリネ
【メイン】
・千葉県産地養卵とモッツァレラチーズ、
マッシュルームのオムレツ、ベーコンフライドポテト添え
【その他】
・メゾンカイザーのパン(北海道産手作りバター)
【デザート】
・フルーツの盛り合わせ
・カスピ海ヨーグルトに埼玉県のこだわり百花蜂蜜を添えて

そして、飲み物はJALこだわりのコーヒーを頂きました。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

(これは和食)
・シチリア産ブラッドオレンジジュース
・アスパラ豆腐 たらば蟹と三つ葉の和え物
・鰊昆布巻
・もろこし出し巻玉子
・男爵芋の揚げ煮と野菜の旨煮
・北海蛸のしゃぶしゃぶ
・鱈のマリネ
・香の物
【メイン】
・鮭西京焼き
【その他】
・ご飯(機内で炊き立ての新潟県魚沼産コシヒカリ)
・味噌汁
・緑茶
【デザート】
・季節の果物

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

持参していた、菊さんの好きな岡埜栄泉の大福を食後にコーヒーと一緒に楽しみます。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

(携帯からの撮影なので低画質ですが)先日お邪魔した、JALのコーヒーブランド「JAL CAFE LINES」展示会の様子です。JALのコーヒーへのこだわりは強く、エコノミー座席・ビジネスクラス・ファーストクラスで異なる3種類のコーヒーを提供しています。

1泊4日、シンガポールの旅  - 日本航空のJAL035便

シンガポール・チャンギ空港には、ほぼ定刻通りの午前6時に到着しました。降機直前、CAさんからプレゼントと共にお礼の手書きの手紙を頂きました。すごいホスピタリティーです。


月別アーカイブ